grape logoこんにちは、銀座で愛されるレストラン&ワインバーを目指すsel tokyo です。ワインマニアからただのワイン好きの方までお楽しみいただける空間をご提供したいと願っております。

基本をおさえるだけで楽しくなるワインは10倍楽しくなります

さて、本日の本題はズバリ「ワイン通になる」です。ワインは大好きだけどよくわかんない、という方は多いのではと思います。良くソムリエさんは「ワインは美味しく楽しむものです。あとはソムリエにお任せください」なんて言いますよね。まあそうなんですが、ワインはちょっとだけ頑張って知識をつけると、楽しさが10倍増します。

ソムリエに好みを伝えることが出来るようになるまで – NGワードを避ける、目標はソムリエをやる気にさせる!

ソムリエが「好みを言っていただければ私がご用意します」なんて言いますよね。好みを伝える事ができればよいのですが、だいたいそれが難しいのに勝手な事言うな、なんて思いませんか? 好きなワインを探すことから始めましょう。その次は好きなワインの味わいを言葉に出して言えるようになりましょう。

NGワードがありまして、それはズバリ「飲みやすい」です。良く聞きますよね、「このワイン飲みやすいね」って。私も言ってました。「飲みやすいワインください」って言って「かしこまりました」なんて言うソムリエは偽物です。ソムリエの技量には相手の好みを聞き出すことも重要なんです。

例えばですが、こんな感じに表現してみましょうよ!

「しっかりした味わいなんだけど、キレイに仕上がっている、エレガントなワインが好みです」

なんて言われるとソムリエも、「かしこまりました(おっ、結構ワインを飲んでいらっしゃるな。では何本か用意してご説明して選んでもらおう)」なんて感じになり、お客さんとソムリエの会話が弾みます。あとはソムリエに語らせて、こっちは「ふむふむ」なんて聞いてソムリエの知識をいただいてしまいましょう。

すぐにはそんな表現はできませから、ここから先は楽しいお勉強としましょう。

ワインはぶどうで作られます。よってぶどうの味の違い(品種による味の違い)を発見して、自分の好みの味を探りましょう

ワインはぶどうの種類によって味の傾向が異なりますし、同じぶどうでも作っている地域によってワインの味に差があります。でも、私はぶどうの品種による味わいの違いを発見し、好みの味を探す事がワインを楽しむ一番の近道だと思います。

次回は、品種によるワインの味わいの違いをご紹介します。

sel tokyo logo / ロゴ